レストル 利用規約

この利用規約(以下「本規約」といいます。)は、村松龍之介(以下「運用者」といいます。)が提供するレストルに関するすべての製品およびサービス(以下「本サービス」といいます。)をご利用頂く際の取扱いにつき定めるものです。本規約に同意した上で本サービスをご利用ください。

第1条(定義)

本規約上で使用する用語の定義は、次に掲げるとおりとします。

1.1.「コンテンツ」とは、文章、音声、音楽、画像、動画、ソフトウェア、プログラム、コードその他の情報のことを指します。

1.2. 「本コンテンツ」とは、本サービスを通じてアクセスすることができるコンテンツのことを指します。

1.3. 「個別利用規約」とは、本サービスに関して、本規約とは別に「規約」、「ガイドライン」、「ポリシー」などの名称で運用者が配布または掲示している文書のことを指します。

第2条(規約への同意)

2.1 利用者は、本規約に同意頂いた上で、本サービスを利用できるものとします。

2.2. 利用者が、本サービスをスマートフォンその他の情報端末にダウンロードし、本規約への同意手続を行った時点で、利用者と運用者との間で、本規約の諸規定に従った利用契約が成立するものとします。

2.3. 利用者が未成年者である場合は、親権者など法定代理人の同意を得たうえで本サービスをご利用ください。

2.4. 利用者は、本サービスを実際に利用することによって本規約に有効かつ取消不能な同意をしたものとみなされます。

2.5. 本サービスにおいて個別利用規約がある場合、利用者は、本規約のほか個別利用規約の定めにも従って本サービスを利用しなければなりません。

第3条 規約の変更

3.1. 運用者は、運用者が必要と判断する場合、あらかじめ利用者の承諾を得ることなく、いつでも、本規約および個別利用規約の内容を改定することができるものとし、利用者はコレを異議なく承諾するものとします。

3.2. 運用者は、本規約を改定するときは、その内容について運用者所定の方法により利用者に通知します。

3.3. 前本規約の改定の効力は、運用者が前項により通知を行った時点から生じるものとします。

3.4. 利用者は、本規約変更後、本サービスを利用した時点で、変更後の本利用規約に異議なく同意したものとみなされます。

第4条(アカウント)

4.1. 利用者は、本サービスの利用に際して登録した情報(以下、「登録情報」といいます。メールアドレスやID・パスワード等を含みます)について、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければならず、常に最新の情報となるよう修正しなければなりません。

4.2. 運用者は、登録情報によって本サービスの利用があった場合、利用登録をおこなった本人が利用したものと扱うことができ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属するものとします。 

4.3. 本サービスに登録した利用者は、いつでもアカウントを削除して退会することができます。

4.4. 運用者は、利用者が本規約に違反しまたは違反するおそれがあると認めた場合、あらかじめ利用者に通知することなく、アカウントを停止または削除することができます。

4.5. 運用者は、最終のアクセスから1年間以上経過しているアカウントを、あらかじめ利用者に通知することなく削除することができます。

4.6. 利用者の本サービスにおけるすべての利用権は、理由を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。利用者が誤ってアカウントを削除した場合であっても、アカウントの復旧はできませんのでご注意ください。

4.7. 利用者は、登録情報の不正使用によって運用者または第三者に損害が生じた場合、運用者および第三者に対して、当該損害を賠償するものとします。

4.8. 登録情報の管理は、利用者ご自身の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったために利用者が被った一切の不利益および損害に関して、運用者は責任を負わないものとします。

第5条(個人情報等の取り扱い)

個人情報及び利用者情報については、運用者が別途定める「レストルプライバシーポリシー」に則り、適正に取り扱うこととします。

第6条(サービスの提供)

6.1. 利用者は、本サービスを利用するにあたり、必要なパーソナルコンピュータ、携帯電話機、通信機器、オペレーションシステム、通信手段および電力などを、利用者の費用と責任で用意しなければなりません。

6.2. 運用者は、本サービスの全部または一部を、年齢、ご本人確認の有無、登録情報の有無、その他、運用者が必要と判断する条件を満たした利用者に限定して提供することができるものとします。

6.3. 運用者は、運用者が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも、本サービスの全部または一部の内容を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。

第7条(広告の掲載)

利用者は、本サービス上にあらゆる広告が含まれる場合があることを理解し、これを承諾したものとみなします。本サービス上の広告の形態や範囲は、運用者によって随時変更されます。

第8条(コンテンツ)

8.1. 運用者は、運用者が提供する本コンテンツについて、利用者に対し、譲渡および再許諾できず、非独占的な、本サービスの利用を唯一の目的とする利用権を付与します。

8.2. 利用者は、利用料、利用期間等の利用条件が別途定められた本コンテンツを利用する場合、かかる利用条件に従うものとします。本サービスの画面上で「購入」、「販売」などの表示がされている場合であっても、運用者が利用者に対し提供する本コンテンツに関する知的財産権その他の権利は利用者に移転せず、利用者には、上記の利用権のみが付与されます。

8.3. 利用者は、本コンテンツを、本サービスが予定している利用態様を超えての利用(複製、送信、転載、改変などの行為を含みます。)をしてはいけません。

第10条(禁止事項)

本サービスの利用に際し、運用者は利用者に対して次に掲げる行為を禁止します。

運用者において、利用者が禁止事項に違反したと認めた場合、利用停止、運用者において必要と判断した措置を取ることを可能とし、利用者はこれを異議なく同意するものとします。

10.1. 法令、裁判所の判決、決定もしくは命令、または法令上拘束力のある行政措置に違反する行為。

10.2. 公の秩序または善良の風俗を害するおそれのある行為。

10.3. 運用者または第三者の著作権、商標権、特許権等の知的財産権、名誉権、プライバシー権、その他法令上または契約上の権利を侵害する行為。

10.4. 運用者または第三者に対する脅迫的な行為

10.5. 運用者または第三者になりすます行為または意図的に虚偽の情報を流布させる行為。

10.6. 運用者が定める方法以外の方法で、本コンテンツの利用権を、現金、財物その他の経済上の利益と交換する行為。

10.7. 本サービスが予定している利用目的と異なる目的で本サービスを利用する行為。

10.8. 反社会的勢力に対する利益供与その他の協力行為。

10.9. 宗教活動または宗教団体への勧誘行為。

10.10. 他人の個人情報、登録情報、利用履歴情報などを、不正に収集、開示または提供する行為。

10.11. 本サービスのサーバやネットワークシステムに支障を与える行為、チートツール、その他の技術的手段を利用してサービスを不正に操作する行為、本サービスの不具合を意図的に利用する行為、同様の質問を必要以上に繰り返す等、運用者に対し不当な問い合わせまたは要求をする行為、その他運用者による本サービスの運営または他の利用者による本サービスの利用を妨害し、これらに支障を与える行為。

10.12. 上記10.1.から10.11のいずれかに該当する行為を援助または助長する行為。

10.13. その他、運用者が不適切と判断する行為。

第11条(利用者の責任)

11.1. 利用者は、利用者自身の責任において本サービスを利用するものとし、本サービスにおいて行った一切の行為およびその結果について一切の責任を負うものとします。

11.2. 運用者は、利用者が本規約に違反して本サービスを利用していると認めた場合、運用者が必要かつ適切と判断する措置を講じます。ただし、運用者は、かかる違反を防止または是正する義務を負いません。

11.3. 利用者は、本サービスを利用したことに起因して(運用者がかかる利用を原因とするクレームを第三者より受けた場合を含みます。)、運用者が直接的もしくは間接的に何らかの損害(弁護士費用の負担を含みます。)を被った場合、運用者の請求にしたがって直ちにこれを補償しなければなりません。

第12条(運用者の免責)

12.1. 運用者は、本サービス(本コンテンツを含みます。)に事実上または法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。運用者は、利用者に対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。

12.2. 運用者は、本サービスに起因して利用者に生じたあらゆる損害について一切の責任を負いません。ただし、本サービスに関する運用者と利用者との間の契約(本規約を含みます。)が消費者契約法に定める消費者契約となる場合、この免責規定は適用されません。

12.3. 上記12.2.ただし書に定める場合であっても、運用者は、運用者の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為により利用者に生じた損害のうち特別な事情から生じた損害(運用者または利用者が損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)について一切の責任を負いません。また、運用者の過失(重過失を除きます。)による債務不履行または不法行為により利用者に生じた損害の賠償は、利用者から当該損害が発生した月に受領した利用料の額を上限とします。

第13条(連絡方法)

本サービスに関する運用者への連絡は、アプリ内お問い合わせフォームの送信または運用者が指定する方法により行っていただきます。

第14条(準拠法、裁判管轄)

本規約は日本語を正文とし、その準拠法は日本法とします。本サービスに起因または関連して利用者と運用者との間に生じた紛争については東京地方裁判所または東京簡易裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。