Amazon Hub ロッカー で対面せずに荷物受取!

Amazon Hub ロッカー で対面せずに荷物受取!

街中で「Amazon Hub」って書いてある青色のロッカーを見かけたんだけど、あれってどうやって使うの?

Aimiee

Amazon Hub ロッカーは、Amazonで注文した商品を好きな時に受け取れるサービスです!

最近、駅付近や街中で見かける「Amazon Hub」の文字。
青色のコインロッカーのような見た目で結構目立ちますよね。

今回はAmazon Hubとは何なのか、詳しくご紹介します。

Amazon Hub ロッカーとは

2019年9月から東京と神奈川を中心に拡大中の荷物受け取りサービスです。
2020年以降は全国へ展開していくとのことです。

このサービス、アメリカでは以前から提供していたようで、数年越しに日本でサービス開始されたという感じみたいですね。
日本は海外と比較すると、何事にもかなり慎重なイメージです。

ちなみに、現在提携している企業等は以下の通りです。

  • ファミリーマート
  • 小田急電鉄
  • 富士シティオ
  • 東京海上日動
  • 昭和女子大学

セルフサービス式である「Amazon Hub ロッカー」の他にも、対面で荷物を受け取れる「Amazon Hub カウンター」と言うサービスもあります。

Amazon Hubの使い方

欲しい商品をカートに入れる

まずはAmazonで欲しい商品をカートに入れ、レジに進みます。

レジに進む
就寝前によくお世話になっている「めぐリズム」を購入

created by Rinker
めぐりズム
¥952 (2020/09/30 20:21:28時点 Amazon調べ-詳細)

受取スポットを指定

注文内容の確認画面で指定したいロッカーの右側にある「受取スポットを選択」ボタンをクリックします。

受取スポット一覧が表示されるので任意のロッカーを選択し「ここに届ける」をクリック。

購入手続き後、商品到着メールを待つ

あとは購入手続きを完了させ、商品がロッカーに届くのを待ちます。
受取可能な状態になると「認証キー(受取用バーコード)」が記載されたメールが送られてくるので、これを使って荷物の受け取りをします。

引用元:https://www.amazon.co.jp/

ロッカーで荷物を受け取り

Amazon Hub ロッカーでバーコードをスキャンします。
バーコードリーダーはモニターの下にあるので、ここにスマホをかざします。

子どもも興味津々

すると、こんな感じでロッカーの1箇所が自動で開くので、そこから荷物を取り出し、受け取り完了!

引用元:https://www.amazon.co.jp/

とってもお手軽ですね。

Amazon Hub ロッカーのメリット

利用した場合のメリットは、

  • 対面せずに受け取れる
  • 自分の好きなタイミングで取りに行ける
  • 再配達が大幅に削減される(宅配業者のメリット)

などでしょうか。

私の場合、家にいる時は基本「ノーメイク・部屋着(時々パジャマ)」と言うスタイルなので、ヤマトのお兄さんから荷物を受け取る時に、恥ずかしくなることが多々あります…^^;
なので、私のように「家での姿を人に見られたくない…」と言う方には特にオススメです。笑

また、在宅で受け取る場合は細かい時間指定などはできないので、「いつ荷物が届くだろうか…」と作業に集中できない方も多いのでは?
いつも利用する駅付近などにロッカーがある場合には、外出したついでに好きなタイミングで受け取れるので便利ですね。

また近年増加している「再配達問題」の削減にも貢献できるのは嬉しいポイントです。

ロッカーに付けられた名前が面白い!

  • 料理名(あんドーナツ、おでん、エビフライ、てんぷら など)
  • 花の名前(あじさい、さくら、サザンカ、すみれ など)
  • 鳥の名前(カッコウ、キジ、ハヤブサ、フクロウ など)

ちょっと可愛くないですか?

ロッカーに名前をつけるなんて、面白い発想だなぁと思いました。
会話のネタにもなるし、なんだか親しみもわいてきますね。

個人的には世田谷のファミリーマートにある「とうふ」のネーミングが可愛らしくて好きです。

利用時の注意点

Amazon Hub ロッカーには次の通り「保管期限」が設定されています。

ロッカーの場合は、3日
カウンターの場合は14日

引用元:https://www.amazon.co.jp/

ただし、ロッカーやカウンターが利用できない日は加算されないとのことです。
保管期間を過ぎると注文は返品されキャンセル扱いになるので、荷物の受け取りはお早めに!

また、利用者の声を調べてみると
「ロッカーの空きがなく配達できなかったとメールが送られてきた」
という体験談がありました。。

まだサービスが開始されてから間もないですが、こういった問題が起きないよう改善してもらいたいですね。

まとめ

日本では労働人口も年々減ってきていますし、対面で受け取らなくて済むサービスが多方面に展開していけばいいなと思います。

また、近年何でもネットで買い物が済ませられ便利な反面、運送業者の方々への負担は増える一方だと思うので、こういったサービスを利用することで「再配達件数の削減」にも貢献できるのではないでしょうか。

我が家でもOKIPPAを併用しつつ、今回ご紹介した「Amazon Hub ロッカー」をはじめとする受取サービスを少しずつ取り入れて行きたいと思います!

それでは、快適な荷物受取ライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。