ローデスクを2年使って分かった!腰痛悪化など、5つのデメリット

ローデスクを買って分かったデメリット

龍之介

こんにちは、フリーランスとしての自宅作業も多い龍之介です。
家のデスクを買い換えようと思うんだけど、高いと圧迫感があるからローデスクはどうかな?

ハイデスクからローデスクに買い替えて2年使ってみましたが、
結論、ローデスクはお勧めできなかったです。

床に座って作業する「ローデスク」を使って分かったこと

悪いところ
・姿勢維持が難しい
・だらけやすい
・腰が痛くなる
・座ったり立ち上がったりが面倒
・ホコリがたまりやすい

良いところ
・見た目に圧迫感がない
・PC落下時のダメージが少なそう

個人差あるでしょうが、僕には合わなかったです

僕が2年使ってみて感じた、ローデスクのメリットとデメリットをお伝えしていきます。

この記事が役立ちそうな方

  • ローデスクを買うか迷っている
  • 安くて大きいローデスクが欲しい
  • ローデスクとスタンディングデスクで迷っている

僕が買ったローデスクはこちら

まず最初に、僕が使ったローデスクはどういったものかをご紹介します。

たくさんのローデスクを見比べた結果、楽天で購入しました。

トリプルディスプレイ+二人並んでの作業がしたかったので180cm幅のものを選びました!

とにかくデカくて広いデスクです。

楽天で買ったローデスク
ローデスクを粗大ゴミに出すために廊下に置いてあるところです。 90度倒してあるので、右側が天板になります。 当たり前だけど、低く、そしてデカい…!

これからご紹介するように、ローデスクとしてのデメリットはあるものの、

そのローデスク特有のデメリットを割り切ることができれば、満足のいく使い心地でしたが…

ローデスクは腰痛が悪化し、やる気も下がった

個人差はあるかと思いますが、僕と妻が二人共通で感じたこと

  1. 床に座る姿勢は集中しづらく、腰痛悪化する
  2. 天板が低いので埃が溜まりやすい

大きなデメリットは以上の2つです。

しかし、この2点が毎日使う上ではとても重要なんですよね。

床座りは姿勢が崩れやすい。サポートアイテムがが必要だった

あなたは床にどうやって座りますか?

女性なら横座り、男性ならあぐらが多数派でしょうか。

僕はもともと介護をしていたことと運動不足により、軽い腰痛がありました。

あぐらでローデスクに向かうと猫背になり、腰にも悪いと分かっていたので、

姿勢が崩れないようなグッズを使いました。

正座をサポート「きの小いす」

こちらは楽に正座ができるようになる小さい座椅子です。

こんな可愛らしい見た目ですが、「Amazon’s Chice」に選ばれている実力の持ち主です。

カラバリはブラウン・ワインレッド・ブルー・ピンクの4種類。

1,000円ちょっとというお手頃価格なこともあり、僕も今までに3個購入したことがあります。

(うち一つは友人へのプレゼント)

これを使って正座すれば背筋が伸びて姿勢が良くなります。

ただし……これだけだと「スネが痛い」

うちは敷物を敷かない派なので、デスク前の床は柔らか目のフローリングです。

正座すると膝とスネの間の骨が床に当たって痛くなってくるんです。

うちは柔らかいフローリングなので、大丈夫かと思いましたがやっぱり長時間の正座はきついですね。

カーペットやラグを敷いていた時期もあったんですが、猫を2匹飼っているので、埃が溜まりやすく掃除が大変な敷物はなるべく使いたくありません。

夏は暑いですしね。

結局は「きの小いす」も上にちょこんと腰掛ける使い方になってしまいました。

(これでも床に座るよりはだいぶ楽ですが)

補足
長時間の利用でなければ、きの小いすで正座することによって姿勢は良くなりますので、カーペット等を敷いているお宅であればお勧めな商品であることは間違いありません!
ぜひお試しください。

座った姿勢の腰をサポート「ボディメイクシート」

こちらはMTGのボディメイクシート。

椅子の上に置いて座ると、後ろから骨盤を支えられているように姿勢よく座ることができるシートです。

こちらは前職場に持ち込んで、椅子に置いて使っていました。

今でも長時間ドライブに行くときは運転席に置いて使っています。

ハイデスクでは姿勢矯正に重宝していたこちらのシートも試してはみたんですが、床に置いての利用にはしっくりきませんでした。

この他に、大きめの座椅子やクッションの購入も考えはしたんですが、もともと「圧迫感のなさ」に惹かれて買ったローデスクなので、なるべく物は増やしたくないのです。

腰痛経験がなかった妻も「腰が痛い!」と言っていたので、やはりローデスクは腰に負担がかかってしまうんだと思います。

デスク面が低いので埃が溜まりやすい

ほこりって床を移動していますが、人が動いたり風が流れたりするとフワッと舞うことがあるんですよね。

そんなとき、ローデスクだとハイデスクに比べて埃が溜まりやすいです。

床は掃除機をかければ良いのですが、デスク上は色々物が置いてありPCディスプレイの裏などは掃除しにくいので、地味にストレスになります。

電化製品を置いているとほこりを吸い寄せやすいので、ハイデスクでも同じ悩みは出てくるとは思いますが、ローデスクの方が顕著ですね。

以上がローデスクのデメリットです。

僕が当初ローデスクを買った理由とメリット

ここまでデメリットばかりお伝えして、なんだかローデスクは価値なしみたいな印象を与えかねないので、ローデスクのメリットもお伝えします。

低いので、圧迫感が少なくインテリアに溶け込みやすい

ローテーブルやこたつでの生活、低めのソファが置いてあるような部屋にハイデスクを置くとなると目立ちます。

高さが他の家具に比べて高いので。

家具は同じ高さで並べると広く見える効果があります。

しかも腰痛対策や快適さを求めると、ごついチェアーも買うことになりますからね。

その点、ローデスクは低いので、インテリアに溶け込み圧迫感が少ないです。

リビングに置きたい場合などは特にメリットになるのではないでしょうか

デスクチェアーが不要(だと思った)

ハイデスクではチェアーを用意しないといけないですが、ローデスクでは床に座れば良いので大きくて場所を取るチェアーは使いません。

似非ミニマリストにとっては、物は少ないに限るのでメリットになります。

ただし、前述の通り、床に座るのは結構きつく、座椅子等を買う必要が出てきたのでこちらは微妙でした。

地震などのさい、落下リスクを減らせる

家具・家電の中でも比較的高価なPCを載せるので、落下した時のリスクは考えます。

この点、ハイデスクよりローデスクの方が半分くらいの高さになるので、万が一落下してもダメージは少なくすみそうです。

iMacが落下して破損したらと思うとゾッとします。。

結局、二年間ほど使用したローデスクでしたが、腰痛対策と集中力を高めるため、「スタンディングデスク」に買い換え、ローテーブルは手放しました。

購入したスタンディングデスク 

今回、楽天で購入したのはこちらのスタンディングデスク です。

最初は、Amazonで昇降式のスタンディングデスク を買おうと思っていたのですが、デザインが好きになれず、結局こちらの高さ固定スタンディングデスク を買いました。

最後まで迷った昇降式スタンディングデスク 

ガス圧式の昇降式スタンディングデスクの中ではオシャレ感があって好きでしたが、値段の割にもうひと押しがなく購入には至りませんでした。

タンスのゲンのものよりも安く、Amazon Choiceにもなっている人気のスタンディングデスクですが、こういう無骨な男らしい(?)デザインが苦手だし、部屋にも合わないので購入には至りませんでした。

スタンディングデスクは使用してまだ数日しか経っていないので、比べることはできないのですが、今の所ははかどっています!

また詳しいレビューやメリットデメリットを紹介していきたいと思います。

それでは、良きデスクライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。