バスに乗るなら1日フリーパスがお得!小田急バスなら510円で乗り放題

バスに乗るなら1日フリーパス

龍之介

こんにちは!車を手放してからバスと電車の利用が多くなった龍之介です!
最近、以前と比べてバスに乗ることが多くなった。定期を買うまではいかないんだけど何かお得に乗る方法はないかな?

1日3回以上乗るなら1日フリーパス(一日乗車券とも)がおススメです!

僕は最近、息子のお見舞いで病院へ行くことが多かったんですが、

  1. 【往き】自宅から駅
  2. 【往き】駅から病院
  3. 【帰り】病院から駅

と、帰りは歩いて帰るとしても、一日3回はバスに乗ることになります。

すると、小田急バスの場合、1日フリーパスを使ったほうがお得なんです。

  • 1日フリーパスを知らなかった方
  • 知ってはいたけど使ったことがなかった方

は、ぜひ参考にして、お得になる一歩を踏み出してみてください。

なぜフリーパス(一日乗車券)がお得なのか

僕がよく使う小田急バスでは、

一回の乗車につき大体【206円(IC利用時)】の乗車賃がかかります。

対して、小田急バスの1日フリーパスは【510円】です。

3回乗っただけで【108円】お得に乗車できることになります。

4回であれば差額は【314円】です。

あらかじめ3回以上乗ることがわかっているのであれば、

使わない手はないですね!

しかも、もっと高い運賃の経路を使うなら、よりお得になるはずです。

1日フリーパスの買い方・使い方

けど、「数百円の差額のためにわざわざフリーパス買うのもなぁ」

「まず、どうやって使うのか知らないし…」

と思う方もいると思いますので、

僕が使ってみた時の方法をお教えします。


と言っても、買い方・使い方は簡単です。

ね、簡単でしょ?
  1. 乗車のときに、「1日フリーパスで(お願いします)」と言う
  2. いつものようにSuicaやPASMOでタッチする

これだけ!

すると、510円が支払われ、

以降の乗車では何も言わずにタッチするだけで、0円で乗車できます。

より詳しい情報が知りたい方は、下記の公式サイトを見てみてください。

参考 1日フリーパス|お得な乗車券|乗車券のご案内|路線バス|小田急バス1日フリーパス|お得な乗車券|乗車券のご案内|路線バス|小田急バス

他のバス会社も調べてみました

今回僕が使ったのは小田原から新宿までを繋ぐ「小田急線」系列のバス会社「小田急バス」でしたが、他のバス会社の一日フリーパスはどうなんでしょう?

僕の近隣だと、神奈川中央交通(神奈中バス)や京王バスを多く見かけます。

都内近郊のIC(PASMO・Suica)で利用可能な1日フリーパスを調べてみました。

小田急バス(1日フリーパス)

  • 価格: 大人510円、小児260円
  • 対応IC: PASMO・Suica
  • 購入方法: 車内で一声かけてからタッチ

神奈中バス(一日フリー乗車券)

  • 価格: 大人1,030円、小児520円
  • 対応IC: PASMO・Suica
  • 購入方法: バス車内でチャージ金額にて発売

京王バス(IC都区内一日乗車券)

都区内・三鷹市・狛江市・武蔵野市・調布市

  • 価格: 大人:500円 小児:250円
  • 対応IC: PASMO・Suica
  • 購入方法: 適用路線のバス車内

都営バス(都バスIC一日乗車券(23区内))

  • 価格: 大人:500円 / 小児:250円
  • 対応IC: PASMO・Suica
  • 購入方法: 車内で一声かけてからタッチ

使えるICはPASMO・Suicaで共通、購入場所も車内と、

利用可能区間に差はあるものの使い勝手は変わらないようです。

価格は、神奈中バスが2倍の値段ですが、他はほぼ500円で同じですね。

この価格なら、少ない乗車回数でも1日フリーパスを利用した方がお得になりそうです。

初めて買うときは、不安な気持ちもありますが、

一度試してみればその簡単さを実感できるかと思います!

ぜひ、よく利用するバス会社の「1日フリーパス」を調べてみてください。

これからはお得にバスに乗ることができるかもしれません。

それでは良きバスライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。