赤ちゃんがベッドから転落!すぐやるべき事と予防策

赤ちゃん転落防止

こんにちは、龍之介です。
今回は、妻に「息子が病院のベッドから転落したとき」のことを書いてもらいました!

龍之介

赤ちゃんが頭を打ってしまった!どうしたらいいの?!

そんな時は、すぐに病院へ連絡しましょう!

私も生後4ヶ月半の息子をベビーベッドから落としてしまったことがあります…

本当は絶対に避けなくてはいけない「転落」ですが、

もし赤ちゃんが転落してしまったら、どうして良いかわからなくて不安ですよね…

私もそうでした。その時の経験を元にわかったことを残しておきたいと思います。

4ヶ月の頃、ベビーベッドから転落

私も子供が生後4ヶ月のころ、ほんの一瞬目を離した隙にベビーベッドから硬い床に落下させてしまいました。

幸いにも入院中の病院での出来事だったので、すぐに医師の診断を受けることができました。

その時不安に思った私は診察後、必死で転落を経験した親御さんの体験談をネットで検索しました。

これが自宅での出来事だったと思うと、本当にゾッとします。

そんな中「赤ちゃんの転落で怖い思いをした」という方への一助となればと思い記事にまとめました。

まず、幸いうちの子どもは特に目立った外傷が見られませんでしたが、もしこぶができていたらそれだけ強い衝撃を受けたということです。

「たんこぶができているから大丈夫」といった間違った情報もあるようですが、それは大間違い!すぐに医師の診察を受けましょう。

処置が遅れると悪化する場合もあるそうです。

重症化を未然に防ぐためにも、安易に自己判断せず、信頼できる医療機関へすぐに連絡することが重要です。

私が息子を転落させてしまった原因

大部屋入院だったので、午後の面会時間に病室を訪れました。

その時ちょうど授乳の時間だったため、パーテーションを動かそうと、抱っこしていた子供をベビーベッドの柵の可動部に対して平行に寝かせてしまったのです…

すると、ほんの一瞬目を離した隙に、背後で「危ない!」という同室の赤ちゃんのお母さんの声がしました。

驚いて振り返ると、ベッドから転がり床に落下する我が子の姿が…!

私はパニックになり、「ごめんね、痛かったね」と言いながらすぐに抱きかかえました。

病院内だったことが不幸中の幸いでした

入院中だったので、すぐに看護師の方へ事情を伝え、医師の診断をお願いしました。

その時に受けた内容は、「血圧測定」・「聴診」・「頭部の触診」です。

それと、転落語すぐに泣いたか、落下時の体勢(後頭部から落ちた等)も聞かれました。

私は自分の不注意で大切な我が子を転落させてしまったショックで、どのように落下したのかよく覚えていませんでしたが、状況を把握できている場合はしっかり伝えましょう。

転落後24時間は要注意

傷もなくすぐに泣きやんだり、赤ちゃんがケロっとしていると、つい「大丈夫そうだ」と診察を行わないことも考えるかもしれません。

自宅での転落でワンオペだったりすると、病院に連れて行くのも大変なので、様子見になるのも仕方ないと思います。

しかし!意識があり、嘔吐していない場合でも、心配なのは頭部の内出血です。

少なくとも、転落後24時間は赤ちゃんから目を離さず、何か異常が見られたらすぐに医師の診察を受けられるように準備しておきましょう。

起こってからでは遅い!転落は防止しよう

特にワンオペ育児中ですと、どうしても目が届かない場所に移動する必要があるかと思います。(例:お手洗い等)

そんなときに少しでも転落のリスクを減らす、少しでも安心して離れられるように、転落防止することが大切です。

いくつか、転落防止に役立ちそうなアイテムをピックアップしてみました。

寝返りをさせない

赤ちゃんは寝ている間にもモゾモゾ動いて移動してしまいます。

そこで、寝返りやモゾモゾ動きを防止して、転落させないという手もあります。

↓こちらは私も使っていた「ファルスカ」のベッドインベッドの寝返り防止バージョンです。

落ちないようにはじめから床に寝かせる

逆転の発想です。

ベビーベッドに寝かせているから落ちるのです。

↓赤ちゃん用の座布団があって、ふかふかで気持ち良さそうです。

赤ちゃん用の睡眠まくら?

Amazonで赤ちゃんグッズ物色中に見つけたのですが、赤ちゃん用の睡眠まくらがありました。これならコンパクトで使いやすそうです。

まとめ

転落事故をおこさないことが一番ですが、もし赤ちゃんが落下してしまった場合はすぐに病院へ連絡することが大切です。

休日や夜間でも対応してくれる医療機関もありますので、まずは落ち着いて連絡し、状況を説明しましょう。

こう言った緊急時のためにも、自宅から近い病院をリストアップしておくのも良いですね。

そして…転落させてしまったことで責任を感じてしまう方も多いと思いますが、必要以上に自分を責めず、今後の事故防止へ注意しましょう!

何よりも大事なのは、二度と同じ事故を繰り返さないことです。

日頃の赤ちゃんの見守り方や、防止アイテムを駆使して赤ちゃんの安全を守っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。