4月末にハードフォーク!Monero(モネロ・XMR)の売買にオススメの取引所3選

この記事のリライト履歴

2018年2月25日 初公開

2018年3月13日 MoneroVのハードフォークが3月14日から4月30日へ延期されました。

4月30日にハードフォークを控える「Monero」はどこで売買するのが良いかを比較します!

なんだかロゴが可愛いし、「もねろ」ってひびきも可愛いね。うちのドメインの「nerco」ともなんだか似てるし…応援したいかも

ねこ

Monero(モネロ)とは

(RANK = 時価総額順位 MARKET CAP = 時価総額 VOLUME = 取引高 B = 10億)

 

Moneroは、エスペラント語で硬貨やコインを意味し、通貨単位は「XMR」です。

匿名性の高さを特徴としており、プライバシーを保護し取引することが可能です。

 

Moneroを持っていれば、MoneroVが受け取れる

Moneroがハードフォーク(分岐)することによって、「MoneroV(XMV)」が受け取れます。

 

Monero(XMR)の保所有者は 10倍のXMV をAirDropで獲得することができます。

つまり、獲得レートは「1 XMR : 10 XMV」となります。

ハードフォークが延期されました(追記)

3月14日の予定だったハードフォークは4月30日(1564965ブロック)に延期されました。

MoneroとMoneroVの違い

Moneroはコインの総発行枚数が無制限でしたが、

MoneroVでは2億5600万XMVが上限になっています。

 

MoneroVでは、これまでの匿名性に加えて送信者のアドレスも匿名にすることが可能です。

 

また、MoneroVは「Moneroやビットコイン等の暗号通貨が直面するスケーリングの問題を解決する、新しいプロトコルを実装する」と宣言しています。

MoneroVの受け取り方

対応を表明した取引所があればそこに預けておいても良いのですが、

今のところまだありませんので、対応を待つか

自分でウォレットを作っていれておきましょう。

 

それでは早速、売買におすすめの取引所ランキングの発表です!

 

ちなみに、日本の取引所では「コインチェック」が唯一Monero(XMR)を取扱っていましたが、現在取引および新規登録を停止中です。

 

いずれ取引を再開したとしても、コインチェックは取引所ではなく「販売所」という割高な販売方法ですので、以下の海外取引所を開設して取引することをお勧めいたします。

1位「Binance(バイナンス)」

Binanceのロゴ画像

Binance(バイナンス)取引所の評価
取り扱い通貨の種類と数
(4.0)
全体の使いやすさ(ユーザビリティ)
(5.0)
取引画面(チャート・板)の使いやすさ
(5.0)
取引高・ユーザー数(注文の活発さ)
(5.0)
売買や送金にかかる手数料
(5.0)
安全性・セキュリティー
(4.0)
安定性(サーバーダウン等を考慮)
(4.0)
総合評価
(4.5)

取扱い通貨、100種類 を超える人気ナンバーワン海外取引所ですね。

Binanceで取扱っているコインであれば、特別な理由がない限り、

ここで取引しておけば間違いないと言えるくらい使いやすい取引所です。

 

Moneroの取引高は4位で全体の10%前後と多くはないですが、

問題なく取引できるでしょう。

 

取引画面も使いやすく、逆指値が使えるところも利点です。

定番取引所ですので、まだ登録されていない方は口座開設しておきましょう。

2位「HitBTC(ヒットビーティーシー)」

HitBTCのロゴ

HitBTC(ヒットビーティーシー)取引所の評価
取り扱い通貨の種類と数
(5.0)
全体の使いやすさ(ユーザビリティ)
(4.0)
取引画面(チャート・板)の使いやすさ
(4.0)
取引高・ユーザー数(注文の活発さ)
(5.0)
売買や送金にかかる手数料
(2.0)
安全性・セキュリティー
(1.0)
安定性(サーバーダウン等を考慮)
(3.0)
総合評価
(3.5)

HitBTCは、取扱い通貨約300種類と圧倒的な通貨数を誇る海外の取引所です。

ICO後の通貨を積極的に上場させたり、ハードフォークコインの付与に積極的なことがメリットです。

 

全体の「取引所出来高ランキングでは10位」とBittrexの次点につけていて、賑わいを感じますね。

 

また、Monero取引高の1,2位を争そうほど取引高が大きい です。

買いたい価格で買いやすく、売りたい価格で売りやすくなるため、取引高の多さは重要ですね。

 

ハードフォークコインの付与・上場に実績のある取引所なので、

公式から発表があるまでわかりませんが、MoneroV付与も期待できそうです。

3位「Poloniex(ポロニエックス)」

poloniex_header

Poloniex(ポロニエックス)取引所の評価
取り扱い通貨の種類と数
(4.0)
全体の使いやすさ(ユーザビリティ)
(4.0)
取引画面(チャート・板)の使いやすさ
(3.0)
取引高・ユーザー数(注文の活発さ)
(5.0)
売買や送金にかかる手数料
(3.0)
安全性・セキュリティー
(3.0)
安定性(サーバーダウン等を考慮)
(4.0)
総合評価
(3.5)

Poloniexは、2014年1月にアメリカで設立された取扱い通貨約70種類の取引所です。

Poloniexでは、珍しいXMR(Monero)建の取引が可能です。

 

こちらも Monero取引高の1,2位を争そうほど取引高が大きい 取引所です。

 

4位以下をまとめて紹介

その他、Moneroを売買できる取引所は無数にあるので取引高の上位をあげると…

  • Bithumb
  • Poloniex
  • Bitfinex
  • Livecoin
  • Bittrex
  • Kraken

などなど……

ランキングに関係なく、今お使いの取引所でMoneroが取扱われていれば、そちらで売買を行うのが一番簡単ですね。

以下簡単に、紹介します。

Bithumb(ビッサム)

HitBTCに次いで取引高2位を誇る韓国の取引所「Bithumb(ビッサム)」は、

取引所形式で売買できるのがKRW(ウォン)建のみとなっており、

さらにチャートを見ながら取引できるのはビットコインのみですのでオススメ外です。

今確認したところ、価格も他の取引所に比べて高く乖離していました。

Bittrex(ビットトレックス)

アメリカの人気取引所の一つですが、

Moneroに関しては、上位の取引所と比べて取引高が心もとない数値となっています。

また、現在は新規登録に制限を設けており、口座開設まで時間がかかってしまいます。

Bitfinex(ビットフィネックス)

新規口座を開設する場合は、暗号通貨の入金により評価額が10,000ドル(約110万円)に達するまで取引を行うことができません。

これは、今から登録する人にとってはハードルが高いですね。

まとめ

大事なポイント
  1. Moneroを保有しておくとMoneroVがAirDropで獲得可能
  2. 一番オススメの取引所は「Binance」
  3. 次点で「HitBTC」か「Poloniex」もオススメ

 

龍之介

MoneroVぜひ獲得しておきたい通貨ですね。オススメ取引所はやっぱり安定の「Binance」です。

 

他の「取引所の比較・解説記事」もどうぞ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。