Macで新しい $PAC に償還できたよ!でもWalletの上書きが怖かったよ

$PAC償還手順のアイキャッチ画像

今回はPacCoinを$PACに交換(Redemption)したときに、

2度、冷や汗をかいたので共有します。

自分みたいなビビりMacユーザーの助けになれば幸いです…!

 

そもそも、新しい$PACに交換した方が良いのか、

はたまたPoSで増やした方が良いのかを比較した記事はこちら⬇

$PAC Wallet インストール時の恐怖

現在、PACには「古いPacCoinのためのウォレット」と、

新しい$PACのためのウォレット」があるのですが、

償還(Redemption)のためには両方必要なんですよね。

 

なので、新しいウォレットをダウンロードすることにしました。

するとこんな問いが…

$PAC Walletインストール時の問い

ちょ、ちょい待って

Paccoin-qt.appって古いほうのウォレットのことでしょ??

置き換えはまずいでしょ😱

 

いくつかのサイトを参考にインストールしたのですが、

全てWindows用の記事だったからか

このような事例は書いておらず…

 

とにかくここは「両方とも残す」を選択しました!

 

もしバックアップ取ってない状態で「置き換える」を押してしまったらと考えると…

ボタンを押すまでにけっこう考えを巡らせました。

$PACwalletインストール

結果、無事にインストールできました 🙂

 

本当は旧ウォレットを「Redemption Wallet」にアップデートしてから

新しい$PAC Walletをインストールすべきだと思うので、

もしかしたら、順序が逆ならばこのようにならないかもしれないですね。

Redemption用のウォレットインストール時の恐怖

続いての恐怖です。

公式サイトからRedemption用のウォレットをダウンロードします。

参考 PACcoin Wallet - The Official Wallets - Safe, Secure and trustworthyPACcoin Official Wallet

ダウンロードできたら、ファイルを開きインストールします。

 

僕はすでに「旧PacCoin Wallet」をインストールしていたため、

償還(Redemption)するためにRedemption用のWalletをインストールしようとしました。

Redemptionウォレットインストールの問い

すると、新しい項目で置き換えますか?」との問いが・・・

 

いや、アップデートという意味なので、今回は「置き換える」で良いんだと思いますが、

これも怖かった…!

 

念のため一度中断して、

再びPacCoinWalletを立ち上げてバックアップを取り直しました。

 

そのあと、意を決して「置き換える」!!

Redemptionウォレット

👆無事に置き換わっていました。

よかった…

 

もちろん、PacCoinの残高は変わらず引き継いでいました!

$PAC walletの同期は速い

ウォレットをインストールした後には「同期」が行われるのですが、

このスピードがとても速くて時間がかからなかったです。

いよいよ償還(Redemption)します

$PAC walletで「受信」→「支払いのリクエスト」

ラベルや総額など、何もいじらなくて大丈夫です。

下、左から二番目の「アドレスをコピーする」

でアドレスがコピーできるので、

どこかに貼りつけてメモしておきましょう。

送付先を調べる

償還するためには、公式のアドレスに送金する必要があります。

 

公式ブログに載っていますが、曜日ごとに送信先アドレスが違うのです。

そして、この基準時間はCST、日本時間はJSTなので時差があります。

 

その差は、日本時間から-15時間です。

 

例えば、日本時間水曜日の午前10時だとすると、

CSTでは火曜日の午後7時になります。

  1. 土曜日:Aw9yEjiCUXtoJzav9vCiFTm98UBk5GombU
    (日本時間の土曜日15時から日曜日14時59分
  2. 日曜日:AxqfDhAkhbna8Ft9WmqE2QwVqQUEfnNRnh
    (日本時間の日曜日15時から月曜日14時59分
  3. 月曜日:AgV85LiTHnLCa7xdYHNxMwyRCAPPNoK6td
    (日本時間の月曜日15時から火曜日14時59分
  4. 火曜日:B3zGATXPtNRbHCeAmhH1sFTb4f2RQJW6nS
    (日本時間の火曜日15時から水曜日14時59分
  5. 水曜日:Azhg43v7TAbhfd3MBfsZaSfWfCEqo2hrcw
    (日本時間の水曜日15時から木曜日14時59分
  6. 木曜日:ArUtzuRrCvkBQcK6KZrBsejt74EJjj9ZJC
    (日本時間の木曜日15時から金曜日14時59分
  7. 金曜日:B3UDXtQkmwfFy2Vx2mpAPasovgG395omhR
    (日本時間の金曜日15時から土曜日14時59分

上記は、公式ブログからコピーしたものですが、

念のため下の公式ブログでも確認しましょう。

参考 $ PAC償還アドレスへの公式PACcoin - PACcoin | 公式ブログPACcoin | Official BLOG site

Redemptionウォレットから送金

  1. 「Transaction comment」には「$PAC walletでリクエストした受信アドレス」を貼り付け
  2. 「Pay To」に、先ほどの曜日ごとの送金先アドレスを貼り付け
  3. 「Label」は任意の名前をつけましょう(例:Redemption_Sun)
  4. 「Amount」で送付PacCoinの終了を入力します。
    5/31までは 1000:1 の交換レートです)

そして、間違いがないか確認したら「Send」で送金です。

ここでこのクエッションが出てきて、機械翻訳したら、

この取引はサイズ制限を超えています。 それでも0.0001 PACの手数料で送ることができますが、
トランザクションを処理し、ネットワークをサポートするのに役立つノードに移動します。 あなたは料金を支払うと思いますか?

ああ、多めの手数料払った方が良いのかなと思って「Yes」を選んだら

そのまま送れてしまいました。結果オーライです。

償還(Redemption)にかかった時間

  1. 送金時間:2月19日 0時1分
  2. 受信時間:2月19日 3時36分

でした!

ものの3時間半で償還が終わったことになりますね!

早い!!

まとめ

龍之介

Macでの新ウォレット導入から償還まではヒヤヒヤの連続でした。

Macユーザーで同じ冷や汗をかいている方の手助けになれば嬉しいです。

 

最後に一番大事なことを…

新旧ともに、ウォレットのバックアップは必ず取っておきましょう!

 

新しいPACに交換した方が良いのか、

PACに交換するかPoSで増やした方が良いかを比較した記事はこちら
$PACはPOSした方が得かのアイキャッチ画像 今すぐ新しい $PAC に交換するのとWalletでPoS続けるのどっちがお得?
同じカテゴリの別記事もどうぞ

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。