今すぐ新しい $PAC に交換するのとWalletでPoS続けるのどっちがお得?

$PACはPOSした方が得かのアイキャッチ画像

この記事の編集履歴
  1. 2018年2月11日 初回公開
  2. 2018年2月24日 ウォレっとや償還について追記

こんにちは、最近 $PAC の記事が多い龍之介です。

今回はコメントでいただいた「3月1日以降に新$PACへすぐ償還するか、PoSでミンティング(鋳造)するのはどちらの方がお得か?」

について調べたので、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

損をしない「1000:1」の比率で新$PACと交換できるのは「5月31日」までです。

なので、今からあと最大3回鋳造することができます。

具体的に、POSした場合の得られる報酬額は?

例として、

  • 1億Paccoinをウォレット内に入れている
  • 30日の鋳造につき、11%のステーキング報酬が得られる

という条件で計算してみます。

(私が実際に鋳造した結果や、他の方の報告を見る限り、

およそ30日の熟成で10〜13%のPaccoinが得られるようです)

 

各々のPacCoin保有量に置き換えて考えてみてください。

計3回(90日間)POSを行った場合

  1. 初回は 「100,000,000 Paccoin」が「111,000,000 Paccoin」に殖える
  2. 2ヶ月目、「111,000,000 Paccoin」が「123,210,000 Paccoin」に殖える
  3. 3ヶ月目、「123,210,000 Paccoin」が「136,763,100 Paccoin」に殖える

最終的には「136,763,100 Paccoin」になり、

3ヶ月で36.76%増やすことができます。

POS(鋳造)するメリット

単純にステーキングで増やした分、保有PacCoinが増えます。

3ヶ月、連続で鋳造した場合は複利によって36.76%も殖えますので大きいですね。

POS(鋳造)するデメリット

Paccoinは3月1日から全保有者に対して、新しい$PACへの償還が解放されます。

MN保有者は先行して償還可能
現在はマスターノード要件の5億PAC保有者のみ先行して償還可能となっています。

予定よりも早くマスターノード保有者の償還が行われたため、一般の保有者でも償還可能になりました!

注意
一部でMN保有者でなくても新$PACへ償還する方法が紹介されているようですが、公式から推奨されているものではなく、運営に負担をかけている可能性がありますので控えましょう。

償還が解放されて、新しい$PACへ交換する人が増えると、

Paccoin保有者が少なくなり、流動性が低くなると予想されます。

 

取引高が少なくなり、なかなか希望価格で売買が成立しなかったり、

価格が低落するかもしれません。

 

また、例えば新しい$PACの価格が高騰して「売りたい!」と思っても、

すぐに償還できるとは限らないので、機を逃してしまう可能性も。

POS(鋳造)した方が良い人

$PAC を長期的に保有することを決めていて、短期では売買する予定のない方

 

上記の方は、マスターノード保有者を除き、

新$PACで増やす方法が出てこない限りは、鋳造しておいた方が良いのではないでしょうか。

3月以降すぐに新$PACに取り換えた方が良い人

  • 新$PACの価格次第では売却を検討している方
  • いつでも売買できる環境においておきたい方
  • 新しい$PACに興味があって、すぐに新しい$PACに交換したい方

※PacCoinにおけるPoS鋳造(熟成)の条件

ウォレットを暗号化してアンロックした状態で、

PacCoinを入れて通算30日間起動しておきましょう。

アンロックは必要ない説もありますが、念のため行っておくと良いでしょう。
(※【追記】2018年2月24日)

 

が、

 

厳密に720時間(30日間)起動させておかなければならない

ということではないようです。

 

実際に、私もMacがスリープして接続状態が切れていたり、

再起動後にアンロックするのを忘れたままにしていた期間が少なからずありましたが、

 

1月9日に始めて、2月8日と2月9日(2回に分けて)にPOS Mined(採鉱)成功していました。

PACのPOS結果

私のPOS例、Received with は取引所から3回に分けてPACを送ったトランザクション、POS Minedが鋳造報酬です。

よって、スリープ機能が心配でPOSができなかった方は試す価値がありますね。

Cryptopiaに預けているPacCoinは自動で償還される

現在、CryptopiaではPacCoinを預けることも出すこともできません。(2018年2月12日現在)

ですが、売り注文を出していなければ、新しい$PACに自動で交換されることが決まっています。

まとめ

新しい$PACの情報がまだ出揃ってはいないため、

まだどちらの方が「良い」と確定はできませんが、

現時点でどちらの方がお得なのかを検証しました!

 

すぐ交換するか、POSするか、双方にメリットがありますので

よく考えて、3月1日以降の行動を決めましょう!

龍之介

僕は当初、すぐに新$PACへ交換するつもりでしたが、POS報酬に目がくらみ、もう1ヶ月分は確実に鋳造する予定です。それ以降は思案中
追記 - 2018-02-24
どちらにも対応できるように保持しているPacCoinの半量を$PACに償還しました。

$PACのホワイトペーパー意訳記事はこちら⬇

新生 $PAC の2018年ホワイトペーパー意訳!第1回は新しく生まれ変わった$PACの性能を解説のアイキャッチ画像新生 $PAC の2018年ホワイトペーパー意訳!第1回は新しく生まれ変わった$PACの性能を解説

新しい$PACがまもなく上場予定のCryptopiaについてはこちら⬇

cryptopiaのロゴ画像海外仮想通貨取引所Cryptopiaを開設しました

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。